光コラボのおすすめプロバイダは|料金・サービスを比較

トップページ >光コラボについて> 転用前に知っておきたいこと

転用前に知っておきたいこと

現在フレッツ光を利用していて、光コラボへ乗り換えることを「転用」といいますが、もし、「転用」を考えている方は、注意しておきたいポイントがあります。



■転用は一度きり

一度転用をすると、次に光コラボ事業者を変える場合は、解約して新規加入という手続きになります。

これにより、また新たに工事費がかかる場合も。

フレッツ光だと工事費が掛からずにプロバイダだけ乗り換えられたので、同じ感覚でいると思わぬ出費に・・・


■継続できないサービスがある

今までのサービスをそのままに利用できるイメージが強い光コラボへの転用ですが、光コラボ事業者によっては、利用できないサービスも。

例えば、ひかり電話なら「安心プラン」「もっと安心プラン」を利用している方は、転用先で利用できない場合もあります。

それでも、 基本的に光コラボ事業者が提供しないオプションサービスについては、継続してNTT東日本・西日本で利用可能です。

他にも、フレッツ光メンバーズクラブも利用できなくなるのでポイントが消失、プロバイダを変えれば、前プロバイダのポイントも消失となります。

転用前になるべく使ってしまいましょう。


■違約金は大丈夫?

フレッツ光時代、契約によっては色々な成約があり、転用する事で違約金が発生する場合もあります。

まず、「にねん割」ですが、こちらは回線が変わらないので違約金無し。

プロバイダを変える場合には、前プロバイダとの間に違約金が発生します。

例えば、「プロバイダ独自の割引によるもの」や「キャンペーン適用条件の継続利用期間を満たさない場合」などに発生する事が考えられます。


フレッツと同じプロバイダの光コラボに転用すると、あまり問題が発生しないのですが、プロバイダを変えたい方は、なにかと注意が必要ですね。


Page Top ▲